出産レポ②~出産後の処置(後産)と下痢といぼ痔と導尿と~
PR

こんにちは!マルコです。タイトルからして汚くてすみません…。今回は出産後の処置(後産)、産後二日目で迎えた下痢との闘い、酷くなったいぼ痔、悶絶した導尿といった話ですので、苦手な方はご遠慮ください。

 

陣痛促進剤投与から出産までのレポートはこちら

 

地味に痛い産後の処置(後産)と酷くなったいぼ痔

出産後すぐは、赤ちゃんが産まれた感動などはまだやってこず、陣痛の痛みから解放されホッとしていました。

 

先生が赤ちゃんの検査をしていて、助産師さんが胎盤を出し、その後別の先生が子宮内に残っているものはないかチェック&会陰縫合してくれました。赤ちゃんも胎盤も出るときはドゥルンと出て、長年の便秘が解消したかのような気持ちよさでした。

 

赤ちゃんは心拍低下していたけど、問題ないとのことでひと安心。

 

子宮内チェックと会陰縫合は痛かったです。陣痛と比べたら…と耐えてたんですが、つい「痛っ!」と声が漏れると、先生が「痛いよねー、麻酔打ちますねー」っておーい!麻酔なしやったんかーい!!!

 

縫合が終わった後、助産師さんが来て尿管にカテーテル、お尻にタンポン(いぼ痔のため)をぶっこまれました。おまたがえらいことになってます…私のいぼ痔をチラ見した男の先生が「こりゃひどい」と言って去っていきました。

 

先生
こりゃひどい

 

後産の処置は結構長かったです。その間に看護師さんが、分娩室前で待ってくれている旦那と母のところへ赤ちゃんを連れて行ってくれました。そして、全ての処置が終わった後に旦那を呼んでくれて、赤ちゃんと3人での時間を過ごすことができました。

 

その後4時間くらいは分娩台の上で休んでたんですが、途中で別の妊婦さんが分娩室に来たので、もう一つ出産を耳で聞くという貴重な経験をしました。(分娩室には3台の分娩台がありカーテンで仕切られているというまさかの大部屋)

 

そんなこんなで無事出産し、母子手帳に記載された結果は、(母子手帳は退院時に受け取り、説明を受けました)

 

分娩所要時間 5時間43分

出血量 多量 524ml

 

え…1日半くらいずっと痛かったんですが…助産師さんの説明によると陣痛が10分間隔を切ってからの時間とのこと。私の陣痛アプリでは1日前から10分を切っていたのに…えーーーー

 

出血量は500mlから多量になるのだが、500mlちょっとなので問題ないとのこと。

 

出産後の話に戻ります。

 

出産して4時間後

看護師さん
一度立ってみて歩けそうなら、入院部屋に移動しましょう

 

立って歩いてみる

 

「大丈夫そうです!」

 

・・・ふら~

 

看護師さん
顔真っ青だわ、もうちょっと休みましょう

 

せっかく来てくれていた母や姉夫婦に会うことができませんでした。(赤ちゃんは見ることができたようです)

 

その日はしばらく動悸と頻脈がおさまりませんでした。そのため入院部屋に移動せず陣痛室で過ごしました。

 

初めての授乳

出産翌日の朝。看護師さんが赤ちゃんを連れてきてくれ、初めての授乳をしました。

 

本当に生まれたんだな~、お父さんと一緒でM字はげだな~と思ったり(笑)

タコのように乳を吸っています。

 

スポンサーリンク

出産翌日、下痢で死ぬ

授乳後、看護師さんが

看護師さん
トイレ行きたくなったら呼んでね~。トイレ行って気分悪くならなかったら入院部屋に移動しましょう。

 

携帯を充電したい私は(入院部屋に充電器がある)、尿意もないのにそそくさとトイレに行き、用を足さずトイレミッションを完了。「看護師さん、トイレ行けました!」(←バカ)

 

そしてその日の午後。激しい下痢が襲ってきて死にました。私のお尻は今、どえらいことになっているのです。元々ある内痔核3つ+出産でできた外痔核2つ。これがめちゃめちゃ痛いんです。歩くのも座るのも何するにも痛い…それに加え会陰切開の傷が…

 

図解すると…(え、いらない?笑)

出産翌日の午後は、赤ちゃんそっちのけでトイレにこもりました。

 

夜になってやっと下痢は何とかおさまり、ほっと一安心。マグミット錠という便を柔らかくする薬が処方されるので、この薬のおかげで何とか助かりました(いぼ痔の痛みに対して)。逆にマグミット錠飲んだから、下痢になったのかもしれませんが…。

 

出産後2日目、尿が出なくて死ぬ

そして産後2日目の朝。看護師さんに尿の回数を聞かれました。え…便は出たけど、尿は出てない…1回も尿意を感じなかった。

 

看護師さん
え!!もっと早く言わなきゃ!今すぐトイレ行ってみて!

 

トイレに行くも、うんともすんとも…

 

看護師さん
昨日1回出たきり出ないの?

 

(本当は昨日も出てない…とは言えず)は、はい…

 

看護師さん
導尿しよう

 

ということで導尿(尿道に管を通して排尿)してもらうことになりました。出産直後もしてもらったのですが、管を通す時それほど痛くもなく、尿意を感じることなく排尿できることに、感動しました。(導尿初めて)

 

でも、看護師さんいわく、導尿を続けると尿道に雑菌が入ったりして膀胱炎になる可能性があるのだとか…。

 

その日の午後も尿意を感じることがなく、導尿をしてもらうことになりました。

 

おまたの浮腫みがひどくなってるようで、看護師さんが尿道をなかなか見つけられず、カテーテルがささりません。そしておまたがめっちゃくちゃ痛い!!もう一人の看護師さんを呼んでやってもらうも、ささらない。めっちゃくちゃ痛いの繰り返し。

 

陣痛を乗り越えたんだから、これくらい何のその!!と気持ちでは思うのですが、あまりの痛さに涙がボロボロ。20分くらい格闘してくれました。

 

そして最後にベテランの看護師さんっぽい方が来るとすぐ「スッ」と入りました…。え…。

 

その後に、母と叔母さんが来たのですが、さっきの痛みといぼ痔の悪化や排尿トラブルの不安から苛立ち、母と喧嘩のようになってしまいました。

 

夜になり夜勤の看護師さんが導尿に来てくれた時、お昼の痛みを思い出しポロリと涙が出ました。それからとめどなく涙が勝手に出てきて…

 

看護師さん
どうしたの?赤ちゃんのこと?授乳のこと?

 

勝手に涙が…。

 

助産師さん
産後は心が不安定になるから…

 

あーこれが産後の情緒不安定か…なるほど…(いや、ただ導尿がトラウマになっただけでは…)

 

この時の導尿は麻酔ジェルを塗ってくれたのと、お昼の看護師さんが導尿後に強い痛み止め(カロナールからロキソニン)に変えてくれたおかげで痛くありませんでした。

 

※ロキソニンを服用しての授乳は、看護師さんによって「ダメだ」という人と「問題ない」という人がいて、「病院で統一してくれよ」と思いました。

 

出産後3日目、尿が出る!そんな当たり前のことが嬉しい

産後の排尿トラブルを調べると「時間が経てば治る」という経験談が多くほっとしました。産後1か月くらい続いて、退院後は自分で導尿をしていた、という人もいましたが…

 

徐々に尿意が復活してきたので、トイレに籠ります。「もう導尿はしたくない」という思いから、必死です。

 

もうすぐ出そうなのに出ない…いぼ痔と会陰の傷があるせいか、思いっきり出そうとできない感じです。ウォシュレットで刺激してもダメ。膀胱を刺激してもダメ。

 

なんだか立ったら出そうな気がしたので、検尿の紙コップを準備し立ってみると…

 

で、出たー!!!

 

おしっこが出たことにこんなに感動したことはありません。それからは徐々におしっこの量・回数も増え順調に回復しました。いぼ痔はというと、退院後もいぼ痔のせいで普通に座ったり歩いたりが困難な日々が続きましたが、病院で処方してもらった「ボラザG注入軟膏」を塗り続けるた結果、1か月半ほどで外痔核がなくなりましたー!!!(外痔核は出産でできた新たないぼ痔です。)

 

赤ちゃんの話があまり出てきませんでしたが、この辺で出産レポを終わります。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事