【マネー】年金(学生納付特例)の追納をするとお得なのか
PR

FP3級の勉強をするようになって、改めて自分の「年金」を見直してみました。

私は学生時代に学生納付特例制度で、保険料の納付が猶予されていたのですが、全く追納していません。

「年金制度は破綻する」ということがよく言われていたので、年金なんて全く興味ありませんでしたし、

社会人になってからも、追納を促すはがきがを無視していました。

今回は年金(学生納付特例)の追納をするべきか考えてみました。

経緯:学生の年金保険料納付

画像はマルコの年金記録です。ねんきんネットより。

マルコ

年がばれる…。ちなみに一浪→4年生大学なので就職が24歳になる年でした。

 

まず、大前提として、「日本国内に住所を要する20歳以上60歳未満の人は、国民年金に加入しなければなりません (強制加入被保険者)」。(※厚生年金保険加入者や共済組合加入者、またはその配偶者に扶養されている人除く) 20歳になる前に、日本年金機構から国民年金第1号の加入手続き書類が送付されます。

多くの学生が、この申請をすると同時に「学生納付特例制度」の申請をしているのではないでしょうか。

学生納付特例制度とは、本人の所得が一定以下の学生が、申請によって保険料の納付が猶予される制度です。

全く覚えがないのですが、私もこの申請をしたのでしょう…。

バイトしても、金銭的に余裕がない学生時代に「1カ月当たりの保険料 14,410円(平成20年度)

なんて払えませんでした!平成29年度の保険料は16,490円です。

マルコ
ましてや奨学金という借金も背負っているのに…

経緯:社会人になり厚生年金を納付

そして、社会人になり第2号被保険者として厚生年金保険料を納めるようになりました。

 

マルコ
今は育休中なので免除されてるよ~やっぴー♪

 

厚生年金の保険料は、事業主と従業員が半分ずつ負担の労使折半です。

標準報酬月額×18.30%(平成29年9月~)÷2

私の場合

320,000円×18.30%÷2=29,280円

毎月給料の総支給額から厚生年金保険料として約29,000円引かれています。

ボーナス月はプラスされます。

標準賞与額×18.30%(平成29年9月~)÷2

マルコ
ボーナスはあってないようなもんだから載せないよ~(泣)

 

スポンサーリンク

年金の追納とは?結局のところ、追納した方がお得なの?

年金は学生納付特例制度で猶予を受けた場合、10年以内なら追納が可能です。

一般的に、年金を多く(満額で)受け取るために、免除や猶予を受けた期間について、

追納したほうがよい、と言われます。どのくらいお得なんでしょう??

ねんきんネットで調べてみました。

マルコの年金記録

まず、平成30年2月現在、20か月分が追納期限が過ぎていました。(赤字の国年部分)

追納できるのは残り26か月です。

追納なしと追納有りの年金額比較

そして、これを追納した場合、どうなるかというと、

 追納しない場合
 追納した場合

 

75歳くらいまで生きていたら、お得(受け取れる年金の増額分>追納金額)のようです。

 

マルコ
75歳まで生きるかな…。長~~~~い目で見るととってもお得だけど…。

 

40万くらいぱっと払える人ならば、追納した方がいいでしょう。

個人型年金などで資産運用するよりも簡単でお得だと思います。

 

マルコ
ねんきんネットはあくまで試算だからなー…本当に貰えるかどうか…。

追納で節税できる!?

なんと、年金を追納すると社会保険料控除できるのです!

出典:日本年金機構

 

マルコ
え!!節税できるなら、追納しようかな。
スポンサーリンク
おすすめの記事